インターネット広告のよさは、リアルタイムで変化する部分、不変で一定の部分があること。
商品などを数量限定で販売するときは、数が減っていくカウントダウンをすることができる。これで、消費者の購買欲を刺激することができ、止まったままの情報より価値があるだろう。
それならテレビの生放送と同じではといわれそうだ。テレビと違うところは、自分のペースで見ることができるところ。テレビショッピングで商品が紹介されても、番組の都合ですぐに場面が変わってしまう。次の商品に移ったり、コマーシャルになったり。少しじっくり考えたいのに。自分がものごとを決める時間と同じペースで、番組を進めてくれたらいいのにと思ったことがある。
インターネット広告ではそれが可能だ。リアルタイムで数量などの情報が更新されたとしても、基本的な情報は変わらない。つまり、商品の特徴、性能、使い勝手など。これだと、じっくり考えることができる。後悔しない買い物ができると思う。ここがインターネット広告の魅力だろう。

インターネット広告はいいところがいっぱい

インターネット広告はネットをする人は絶対毎日何らかの企業のものを診ているのではないかと思います。
このインターネット広告のよさというのは普通の看板などとは違って風化しないところにあるんじゃないかと思います。
それからいくら大きく宣伝してもそんなにコスト的にもかからないとろころにあると思います。それから宣伝できるスペースはいくらでもあるというところにもあると思いますよ。
こういった広告は検索エンジンとかによく掲載されているという風に思うかも知れませんがそのほかにもブログとかに掲載する事だってできます。
今は芸能人とかもブログを書くので人気のある芸能人のブログに広告をのせてもらうとかなり効果があるのではないかと思います。
凄く閲覧数の多い芸能人のブログは一日に10万アクセスほどあるそうですから、そこに広告を入れるという事はそれだけの人数に見てもらえるということです、ある意味東京のどまんなかに広告を入れるよりもかなり効率的な感じがします。
多分これからもインターネット広告は廃れることなく公告の最先端をいくでしょう。

インターネット広告には今までにないいいところがあります

インターネットって世界を変えてしまったと思います。
簡単に言うと、うそがつけなくなりました。
それは、いろいろな情報が簡単にわかってしまうからです。
検索すればわからないことが無いんじゃないかってくらいですからね。
だから、インターネット広告も今までの広告と違って、うそが無いと思います。
それが、インターネット広告の長所ですね。
どういうところがうそが無いかと言うと、広告の効果測定がはっきりとできると言うことです。
テレビ広告や新聞広告、雑誌広告って、実際はどれくらいの人が見たのかって、なかなか正確な数値が取れないんですね。
だから、効果測定が難しいのです。
もちろん、効果はきちんとあったりするのですが、はっきりと数値になってあらわすのが難しいんですね。
でも、インターネット広告は、はっきりと数値になります。
表示回数、クリック率やコンバージョン率など、広告効果を測る数値がいろいろと取れるのです。
それが、インターネット広告には、うそが無いということなのですね。

前の3件 1  2  3  4  5  6  7  8