インターネット広告のメリット

インターネットが普及し、その利用者の増加に伴って、インターネット広告は進出してきました。
パソコンや携帯を使った広告が主で、大きく分けると、メール広告、ウェブ広告、リスティング広告、アフェリエイト広告などにわけられます。
インターネット広告のメリットとしてあげられるのは、利用者のニーズに近い広告が出せるということです。
全ての人を対象とした広告、例えば、テレビでのCMなどでは、その広告に興味のある人とない人とにわかれしまい、その広告費用は、興味のない人の分まで含んでしまうことになってしまいます。
ですが、インターネット広告では、WEBサイト上にバナー広告を出す場合、ニーズに近い広告が出せるので、WEBサイトに訪れたユーザーに対して、興味を持つ可能性の高い広告を出せるのです。つまり、限定的に出せる広告なので、その分費用を削減できるということになります。
また、表示回数やクリック数などで広告の効果が測定しやすく、効果測定のためのコストも従来の広告よりも低くすみます。

このブログ記事について

このページは、インターネット広告が2010年3月 6日 09:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インターネット広告の長所はどんなところ?」です。

次のブログ記事は「簡単にアクセスできるのはインターネット広告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。