インターネット広告はつい気軽にクリックしちゃう

インターネット広告の長所といえば、ずばり、商品やサービスへの導入威力が強いということがあると思います。
流れっぱなしで、ほとんど意識上から飛んでいるテレビCMとは違って、検索結果や、サイト上部での広告で、興味を持ったものがあれば、ついついクリックしてしまいますね。最近はタブブラウザを使っていますので、何枚開いても散らからないから、気になるものは全部開いておいて、後でゆっくり見るんです。
こんな風に、クリックしてもらえて、見てもらえたらしめたもの。インターネットでは、商品説明、注文、決済などが総て完結してしまいますから、興味をそそられ、ニーズにあったら、即買いということもありえますしね。私自身、何度衝動買いしてしまったことか…
こんな風に、つい買ってしまうのも、自分に興味がある広告が出てくる仕組みになっているからじゃないかと思います。興味ない人に何度訴えかけても、効果なし。インターネットではそういうことも出来ちゃうから、すごいものですよね。

このブログ記事について

このページは、インターネット広告が2010年2月27日 13:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インターネット広告の長所・・・」です。

次のブログ記事は「インターネット広告の効率性」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。