インターネット広告の長所を見つめてみる

世の中には、さまざまなメディア媒体があり、それらにはスポンサーがついています。
そのスポンサーが、自社のPRや自社製品、サービスなどのPRをするのが基本的に広告です。
得にテレビで番組の合間に流れるCMの効果については今更、語る必要もないほどです。
さて、時代に応じてそれらのメディアの本流というものも移り変わってきました。
古代においてはクチコミであり、いずれラジオ放送がされるようになるとラジオで一気に増え、つぎにテレビ。
ちなみにテレビで最初に放送されたのは時計のCMです。
そして現代においてはインターネットです。
テレビが誕生したあと、ラジオを聞く人間が減少していったように、現在テレビの視聴者が減少しインターネットへと流れています。
もちろん、それぞれに棲み分けがされているのも事実ですが、インターネットは現在も、またこれからも利用者がどんどん増えていく媒体でしょう。
利用者の目に多く止まることこそが広告のメリットです。
そういみにおいて、より多くの利用者を獲得しつつあるインターネットを利用すると言うことは多大な効果を見込めると言うことです。
そしてこれこそがインターネット広告の長所なのですが、例えばラジオは耳から、テレビは耳と目からですが、現在のブロードバンド主流のインターネット環境においては、その可能はぐっとひろがっています。
たとえば「ゲーム」を利用するように、積極的に楽しめる広告なども考えられるでしょう。
ラジオよりも、テレビよりも、それらを含みつつなお可能性を秘めているのがインターネットであるならば、それは広告をうつことにたいしても同じ事が言えるのではないでしょうか?

このブログ記事について

このページは、インターネット広告が2010年2月19日 11:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インターネット広告でアピール」です。

次のブログ記事は「効果絶大☆インターネット広告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。